近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。 設定変更の方法は、下記をご覧ください。
■Internet Explorerの設定方法 (1) Internet Explorerのメニューバーで[ツール]をクリックします。 (2) 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。  ↓ (3) [セキュリティ]をクリックします。  ↓ (4) AまたはBの方法で、セキュリティレベルの変更を行います。  A:[インターネット](地球マーク)を選択後、[既定のレベル]ボタンを押します。   セキュリティレベルが「中高」に変更になります。 ※ボタンが押せない場合はすでに[既定のレベル]が選択されています。  B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示。   「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可]   の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。   [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。  ↓ (5) [インターネットオプション]の、[OK]ボタンを押します。 ■Safariの設定方法 (1) メニューの[Safari]をクリックし、[環境設定]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。  ↓ (3) [プラグインを有効にする]と[JavaScriptを有効にする]にチェックを入れます。  ↓ (4) 「セキュリティ」ウインドウを閉じます。 ■Chromeの設定方法 (1) メニューの[レンチマーク]をクリックし、[オプション]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。  ↓ (3) プライバシー項目の[コンテンツ設定]ボタンを押します。  ↓ (4) JavaScriptの[すべてのサイトでJavascriptの実行(推奨)]にチェックを入れます。  ↓ (5) 「オプション」ウインドウを閉じます。

花だより

花マップ

花だよりバックナンバー/2017年
 

桜(ばら科)
花言葉「純潔、淡白、高尚、美麗など。」

花見は神々とのコミュニケーション
サクラの語源は「サ」と「クラ」を合わせたもの。サは早苗(サナエ)、早乙女(サオトメ)、五月(サツキ)のサと同じく穀霊を意味する言葉。クラは神が降臨する磐座(イワクラ)のこと。つまり桜は農耕の神がよりつく聖なる木と考えられたらしい。
桜を愛でる「花見」は平安朝の雅な遊びから生まれたのではない。古く農民たちが行った豊作を祈念する儀式であり呪術。酒や肴をたずさえ満開の桜の木の下に集って神々とともに祝う予祝行事で「花見」「山見」と呼んだそうだ。これが花見のルーツらしい。

桜の女神
大山津見神(おおやまつみのかみ)の娘、木花咲耶姫(このはなさくやひめ=木花佐久夜毘売とも書く)が桜を象徴する女神。ニニギノミコトがひと目惚れした絶世の美女。吉野の勝手神社などに祀られている。

 

【京都エリア】
東寺清水寺円山公園平安神宮哲学の道嵐山けいはんな記念公園

東寺(とうじ)

広大な境内には随所に桜の木があり、中でも五重塔をバックにした不二桜は見所のひとつです。夜桜ライトアップ(3/18〜4/17)も楽しめます。

見頃 3月下旬〜4月上旬
お問合せ 東寺
TEL 075-691-3325
交通 東寺駅下車徒歩約10分
清水寺(きよみずでら)

山の緑と調和した建築美をもつ清水が、桜に彩られる姿が見もの。ムード満点の夜の拝観(3/3〜3/12、3/25〜4/9)も楽しめます。

見頃 3月下旬〜4月上旬
お問合せ 清水寺
TEL 075-551-1234
交通 京都駅→京都市バス約15分五条坂下車徒歩約10分
近鉄丹波橋駅→京阪
円山公園(まるやまこうえん)

夜桜見物で有名な約8万7千平方メートルの公園。園内には茶店や料亭も点在し、花見客でにぎわいます。

見頃 3月下旬〜4月上旬
お問合せ 京都市都市緑化協会
TEL 075-561-1350
交通 京都駅→京都市バス約20分祇園下車
近鉄丹波橋駅→京阪
平安神宮(へいあんじんぐう)

朱塗りの社殿が、桜に彩られる様子は見事。平安貴族の優美な世界を存分に楽しめます。

見頃 4月上旬〜中旬
お問合せ 平安神宮
TEL 075-761-0221
交通 京都駅→京都市バス約30分岡崎公園美術館・平安神宮前下車
近鉄丹波橋駅→京阪
竹田駅→京都地下鉄
京都駅→京都地下鉄
哲学の道(てつがくのみち)

若王子神社付近から銀閣寺まで続く約1.8kmの琵琶湖疏水の両岸に桜並木が続きます。花びらが散る頃には疏水が花びらで埋まり、桜の川のように。

見頃 4月上旬
交通 京都駅→京都市バス約40分銀閣寺前下車
嵐山(あらしやま)

松尾大社付近から渡月橋へと続く道沿いの桜のトンネルが見事。中ノ島公園のしだれ桜もおすすめです。

見頃 4月上旬
交通 京都駅→JR嵯峨嵐山駅下車徒歩約15分
けいはんな記念公園(けいはんなきねんこうえん)

ソメイヨシノを始めとする約380本の桜があります。そのほか公園ではたくさんの春の花も楽しめます。
 てくてくまっぷ京都-5 

見頃 3月下旬〜4月上旬
お問合せ けいはんな記念公園管理事務所
TEL 0774-93-1200
交通 新祝園駅→奈良交通バス約10分けいはんな記念公園下車
学研奈良登美ヶ丘駅→奈良交通バス約20分けいはんな記念公園下車
↑このページの上にもどる
←花だよりトップページへ

花だより

花マップ

花だよりバックナンバー/2017年
 

桜(ばら科)
花言葉「純潔、淡白、高尚、美麗など。」

花見は神々とのコミュニケーション
サクラの語源は「サ」と「クラ」を合わせたもの。サは早苗(サナエ)、早乙女(サオトメ)、五月(サツキ)のサと同じく穀霊を意味する言葉。クラは神が降臨する磐座(イワクラ)のこと。つまり桜は農耕の神がよりつく聖なる木と考えられたらしい。
桜を愛でる「花見」は平安朝の雅な遊びから生まれたのではない。古く農民たちが行った豊作を祈念する儀式であり呪術。酒や肴をたずさえ満開の桜の木の下に集って神々とともに祝う予祝行事で「花見」「山見」と呼んだそうだ。これが花見のルーツらしい。

桜の女神
大山津見神(おおやまつみのかみ)の娘、木花咲耶姫(このはなさくやひめ=木花佐久夜毘売とも書く)が桜を象徴する女神。ニニギノミコトがひと目惚れした絶世の美女。吉野の勝手神社などに祀られている。

 

【京都エリア】
東寺清水寺円山公園平安神宮哲学の道嵐山けいはんな記念公園

東寺(とうじ)

広大な境内には随所に桜の木があり、中でも五重塔をバックにした不二桜は見所のひとつです。夜桜ライトアップ(3/18〜4/17)も楽しめます。

見頃 3月下旬〜4月上旬
お問合せ 東寺
TEL 075-691-3325
交通 東寺駅下車徒歩約10分
清水寺(きよみずでら)

山の緑と調和した建築美をもつ清水が、桜に彩られる姿が見もの。ムード満点の夜の拝観(3/3〜3/12、3/25〜4/9)も楽しめます。

見頃 3月下旬〜4月上旬
お問合せ 清水寺
TEL 075-551-1234
交通 京都駅→京都市バス約15分五条坂下車徒歩約10分
近鉄丹波橋駅→京阪
円山公園(まるやまこうえん)

夜桜見物で有名な約8万7千平方メートルの公園。園内には茶店や料亭も点在し、花見客でにぎわいます。

見頃 3月下旬〜4月上旬
お問合せ 京都市都市緑化協会
TEL 075-561-1350
交通 京都駅→京都市バス約20分祇園下車
近鉄丹波橋駅→京阪
平安神宮(へいあんじんぐう)

朱塗りの社殿が、桜に彩られる様子は見事。平安貴族の優美な世界を存分に楽しめます。

見頃 4月上旬〜中旬
お問合せ 平安神宮
TEL 075-761-0221
交通 京都駅→京都市バス約30分岡崎公園美術館・平安神宮前下車
近鉄丹波橋駅→京阪
竹田駅→京都地下鉄
京都駅→京都地下鉄
哲学の道(てつがくのみち)

若王子神社付近から銀閣寺まで続く約1.8kmの琵琶湖疏水の両岸に桜並木が続きます。花びらが散る頃には疏水が花びらで埋まり、桜の川のように。

見頃 4月上旬
交通 京都駅→京都市バス約40分銀閣寺前下車
嵐山(あらしやま)

松尾大社付近から渡月橋へと続く道沿いの桜のトンネルが見事。中ノ島公園のしだれ桜もおすすめです。

見頃 4月上旬
交通 京都駅→JR嵯峨嵐山駅下車徒歩約15分
けいはんな記念公園(けいはんなきねんこうえん)

ソメイヨシノを始めとする約380本の桜があります。そのほか公園ではたくさんの春の花も楽しめます。
 てくてくまっぷ京都-5 

見頃 3月下旬〜4月上旬
お問合せ けいはんな記念公園管理事務所
TEL 0774-93-1200
交通 新祝園駅→奈良交通バス約10分けいはんな記念公園下車
学研奈良登美ヶ丘駅→奈良交通バス約20分けいはんな記念公園下車
↑このページの上にもどる
←花だよりトップページへ