花だより

やまぶき(バラ科)
[花マップ]

花だよりバックナンバー/2017年
 

花言葉「気品・崇高」

image
北海道から九州まで、日本全国で広くみられ、国外では中国・朝鮮半島に分布する。観賞用として栽培されてきた歴史として、万葉集や源氏物語の十数か所以上に登場していることから、古く好んで栽培されてきたことが分る。花は一重と八重のものがあり、特に八重咲きが好まれ栽培される。山吹色といえば、金色のことである。しばしば蛙(かはず)とともに詠み合わせられ、太田道灌と八重山吹の話はよく知られた有名な話だ。
名前の由来は、木の枝が風にしなやかに揺れ動く「山振り」という言葉からきているといわれている。日本では馴染み深い植物だが、世界的に見ると非常に珍しい花。
Copyright©Kintetsu Railway Co.,Ltd. All rights Reserved.