近鉄でおでかけ 2018年 初詣スポット特集

参拝手順

鳥居をくぐるときは
一礼をしてから。

鳥居から先は神様のいらっしゃる神聖な場所です。

一礼をしてから入場しましょう。その際、参道の中央は歩かないようにしましょう。

中央部分は正中と呼ばれ、神様の通り道となっているからです。

手水舎で両手を洗い、
口をすすぎます。

  • 左手を清める

    左手を清める

    柄杓を右手で持ち水を汲み、左手を洗います。

  • 右手を清める

    右手を清める

    右手で持っていた柄杓を左手に持ち替え、右手を洗います。

  • 口をすすぐ

    口をすすぐ

    もう一度柄杓を右手で持ち、左手で水を受けて口をすすぎます。

  • 柄杓を清める

    柄杓を清める

    柄杓を立てて残った水で柄杓の柄を洗い清めます。

  • 元の場所に戻す

    元の場所に戻す

    柄杓を伏せて元の位置に戻します。

いよいよ参拝です。

1.ご神前に向かって背筋を伸ばして立ちます。

2.お賽銭がある場合は、静かに滑り込ませる感じで入れます。

3.拝礼は「二拝二拍手一拝」にて行います。

  • 二拝します

    二拝します

    背筋を伸ばしたまま、90度くらいに腰を折って二拝します。

  • 二拍手します

    二拍手します

    二回、拍手を軽く打ちます。

  • 祈願します

    祈願します

    感謝を込めてお祈りします。

  • 柄杓を清める

    再び深く一拝します

    最後にもう一度、90度くらいに腰を折って一拝します。

帰るときも一礼します。

帰るときも鳥居をくぐるときに
一礼してから出ます。

※参拝方法については各神社により異なる場合があります。
お寺では拍手をせずに手を合わせ合掌するのが一般的な作法です。