近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。 設定変更の方法は、下記をご覧ください。
■Internet Explorerの設定方法 (1) Internet Explorerのメニューバーで[ツール]をクリックします。 (2) 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。  ↓ (3) [セキュリティ]をクリックします。  ↓ (4) AまたはBの方法で、セキュリティレベルの変更を行います。  A:[インターネット](地球マーク)を選択後、[既定のレベル]ボタンを押します。   セキュリティレベルが「中高」に変更になります。 ※ボタンが押せない場合はすでに[既定のレベル]が選択されています。  B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示。   「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可]   の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。   [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。  ↓ (5) [インターネットオプション]の、[OK]ボタンを押します。 ■Safariの設定方法 (1) メニューの[Safari]をクリックし、[環境設定]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。  ↓ (3) [プラグインを有効にする]と[JavaScriptを有効にする]にチェックを入れます。  ↓ (4) 「セキュリティ」ウインドウを閉じます。 ■Chromeの設定方法 (1) メニューの[レンチマーク]をクリックし、[オプション]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。  ↓ (3) プライバシー項目の[コンテンツ設定]ボタンを押します。  ↓ (4) JavaScriptの[すべてのサイトでJavascriptの実行(推奨)]にチェックを入れます。  ↓ (5) 「オプション」ウインドウを閉じます。
ホーム > 観光・おでかけ > スポット情報 法華寺

スポット情報

前ページにもどる
法華寺 (ほっけじ)
大和三門跡に数えられる尼寺で光明皇后の姿と映したとされる十一面観音菩薩を安置する。かきつばたの名所。

大和三門跡に数えられる尼寺で、藤原不比等の住居を娘の光明皇后が譲り受けて、総国分寺の東大寺に対する総国分尼寺として建立された。正式には法華滅罪(めつざい)之寺という。当時は七堂伽藍を備えた豪奢な寺院だったと伝わるが、平安遷都とともに寺勢が衰衰退。現在の本堂(国宝)は豊臣秀頼の母淀君の寄進によるもので桃山時代の建築。春秋に特別公開される庭園は江戸時代初期の作庭で、御所の庭を客殿とともに移したといわれている。
寺の本尊は光明皇后の姿と映したと伝わる十一面観音像(国宝)。特別公開の以外は厨子に納められている秘仏で、普段はそっくりに作られたお前立ちを見ることができる。ほかにも天平の仏頭(重文)や維摩居士像(重文)などが安置されている。
境内には光明皇后が千人の病人の体を洗ったという伝説の「から風呂」や、滝口入道との悲恋物語が平家物語に記されている横笛が、出家して仏道に励んだという横笛堂がある。
また、護摩の灰を粘土に混ぜて形を作り、文様を描いた犬御守は尼さんたちの手作りで、疫病災難除け、安産のお守りとして求める人が多い。
かきつばた5月上旬〜中旬。 

所在地 〒630-8001 奈良県奈良市法華寺町882[地図]
交通 大和西大寺駅→奈良交通バス 法華寺前下車徒歩約3分
お問合せ TEL 0742-33-2261
※スポットの情報は変更される場合がございます。お出かけ前に確認されることをおすすめします。

スポット情報

前ページにもどる
法華寺
(ほっけじ)

大和三門跡に数えられる尼寺で、藤原不比等の住居を娘の光明皇后が譲り受けて、総国分寺の東大寺に対する総国分尼寺として建立された。正式には法華滅罪(めつざい)之寺という。当時は七堂伽藍を備えた豪奢な寺院だったと伝わるが、平安遷都とともに寺勢が衰衰退。現在の本堂(国宝)は豊臣秀頼の母淀君の寄進によるもので桃山時代の建築。春秋に特別公開される庭園は江戸時代初期の作庭で、御所の庭を客殿とともに移したといわれている。
寺の本尊は光明皇后の姿と映したと伝わる十一面観音像(国宝)。特別公開の以外は厨子に納められている秘仏で、普段はそっくりに作られたお前立ちを見ることができる。ほかにも天平の仏頭(重文)や維摩居士像(重文)などが安置されている。
境内には光明皇后が千人の病人の体を洗ったという伝説の「から風呂」や、滝口入道との悲恋物語が平家物語に記されている横笛が、出家して仏道に励んだという横笛堂がある。
また、護摩の灰を粘土に混ぜて形を作り、文様を描いた犬御守は尼さんたちの手作りで、疫病災難除け、安産のお守りとして求める人が多い。
かきつばた5月上旬〜中旬。 

所在地 〒630-8001 奈良県奈良市法華寺町882[地図]
交通 大和西大寺駅→奈良交通バス 法華寺前下車徒歩約3分
お問合せ TEL 0742-33-2261
※スポットの情報は変更される場合がございます。お出かけ前に確認されることをおすすめします。
↑このページの上に戻る
←観光・おでかけトップページへ