近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。 設定変更の方法は、下記をご覧ください。
■Internet Explorerの設定方法 (1) Internet Explorerのメニューバーで[ツール]をクリックします。 (2) 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。  ↓ (3) [セキュリティ]をクリックします。  ↓ (4) AまたはBの方法で、セキュリティレベルの変更を行います。  A:[インターネット](地球マーク)を選択後、[既定のレベル]ボタンを押します。   セキュリティレベルが「中高」に変更になります。 ※ボタンが押せない場合はすでに[既定のレベル]が選択されています。  B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示。   「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可]   の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。   [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。  ↓ (5) [インターネットオプション]の、[OK]ボタンを押します。 ■Safariの設定方法 (1) メニューの[Safari]をクリックし、[環境設定]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。  ↓ (3) [プラグインを有効にする]と[JavaScriptを有効にする]にチェックを入れます。  ↓ (4) 「セキュリティ」ウインドウを閉じます。 ■Chromeの設定方法 (1) メニューの[レンチマーク]をクリックし、[オプション]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。  ↓ (3) プライバシー項目の[コンテンツ設定]ボタンを押します。  ↓ (4) JavaScriptの[すべてのサイトでJavascriptの実行(推奨)]にチェックを入れます。  ↓ (5) 「オプション」ウインドウを閉じます。
ホーム > 観光・おでかけ > スポット情報 松尾寺

スポット情報

前ページにもどる
松尾寺 (まつおでら)
天武天皇の皇子である舎人親王が建立したと伝わる日本最古の厄除け寺。バラの名所。

天武天皇の皇子舎人親王が、養老2年(718)に42歳の厄除けと日本書紀編纂の完成を祈願して建立したと伝わる日本最古の厄除け寺。本尊の木造千手観音立像は厄除観音と呼ばれている。特に2月の初午の日には多くの人々が訪れる。重要文化財に指定されている大黒天立像は鎌倉時代の作で、本来は仏教を守護する武神だったことを伺わせる厳しい人相が珍しい。
またこの寺は薔薇の寺としても有名で、80種500株が植えられたバラ園がある。
【花の見所】
松尾山中腹にある。
「できるだけ自然のままを心がけた」というバラ園は80種、500株。
総体に木も花も大きい。とくにツルバラは高さ3〜4mにもなり、一株で3000もの花をつける木もある。
またこの季節「群生さつき」も見ごろになる。

所在地 〒639-1057 奈良県大和郡山市山田町683[地図]
交通 近鉄郡山駅→奈良交通バス松尾寺口下車徒歩約30分
お問合せ 電話番号:0743-53-5023
※スポットの情報は変更される場合がございます。お出かけ前に確認されることをおすすめします。

スポット情報

前ページにもどる
松尾寺
(まつおでら)

天武天皇の皇子舎人親王が、養老2年(718)に42歳の厄除けと日本書紀編纂の完成を祈願して建立したと伝わる日本最古の厄除け寺。本尊の木造千手観音立像は厄除観音と呼ばれている。特に2月の初午の日には多くの人々が訪れる。重要文化財に指定されている大黒天立像は鎌倉時代の作で、本来は仏教を守護する武神だったことを伺わせる厳しい人相が珍しい。
またこの寺は薔薇の寺としても有名で、80種500株が植えられたバラ園がある。
【花の見所】
松尾山中腹にある。
「できるだけ自然のままを心がけた」というバラ園は80種、500株。
総体に木も花も大きい。とくにツルバラは高さ3〜4mにもなり、一株で3000もの花をつける木もある。
またこの季節「群生さつき」も見ごろになる。

所在地 〒639-1057 奈良県大和郡山市山田町683[地図]
交通 近鉄郡山駅→奈良交通バス松尾寺口下車徒歩約30分
お問合せ 電話番号:0743-53-5023
※スポットの情報は変更される場合がございます。お出かけ前に確認されることをおすすめします。
関連情報
  
花だより   バラ(春)
↑このページの上に戻る
←観光・おでかけトップページへ