近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。 設定変更の方法は、下記をご覧ください。
■Internet Explorerの設定方法 (1) Internet Explorerのメニューバーで[ツール]をクリックします。 (2) 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。  ↓ (3) [セキュリティ]をクリックします。  ↓ (4) AまたはBの方法で、セキュリティレベルの変更を行います。  A:[インターネット](地球マーク)を選択後、[既定のレベル]ボタンを押します。   セキュリティレベルが「中高」に変更になります。 ※ボタンが押せない場合はすでに[既定のレベル]が選択されています。  B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示。   「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可]   の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。   [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。  ↓ (5) [インターネットオプション]の、[OK]ボタンを押します。 ■Safariの設定方法 (1) メニューの[Safari]をクリックし、[環境設定]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。  ↓ (3) [プラグインを有効にする]と[JavaScriptを有効にする]にチェックを入れます。  ↓ (4) 「セキュリティ」ウインドウを閉じます。 ■Chromeの設定方法 (1) メニューの[レンチマーク]をクリックし、[オプション]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。  ↓ (3) プライバシー項目の[コンテンツ設定]ボタンを押します。  ↓ (4) JavaScriptの[すべてのサイトでJavascriptの実行(推奨)]にチェックを入れます。  ↓ (5) 「オプション」ウインドウを閉じます。
ホーム > 観光・おでかけ > スポット情報 石光寺

スポット情報

前ページにもどる
石光寺 (せっこうじ)
境内には中将姫ゆかりの「染の井」や「糸掛け桜」がある。あやめ、ボタンの名所。

ボタンの花で有名な石光寺。境内には約500種類、3000株ものボタンが植えられ、初夏には百花爛漫のにぎわいを見せる。また、11月から1月ごろ咲く、ワラ帽子に包まれた寒ボタンも見もので、冬咲きのボタンはここだけのものという。二上山を背景に牡丹の咲き乱れる様は格別。ボタンはもともと薬用として中国から伝えられ、古くから石光寺に植えられていたそうだ。

寺の起源をさかのぼると、天智天皇の時代にこの地に光を放つ三つの石があり、そ弥勒三尊の石仏が現れた。そこで天皇の勅願によって堂宇を建立し、「石光寺」の名を賜って役行者が開山したのが始まりとされている。現在では金堂の跡に弥勒堂が建てられ、弥勒仏の一部が祭られている。

また、寺は別名「染寺(そめでら)」とも呼ばれ、当麻曼荼羅で知られる中将姫ゆかりの「染の井」と「糸掛桜」がある。これは、中将姫が曼荼羅を織るために蓮の茎を集めて糸を採り、それを水に浸したところ五色に染まった、という伝説の場所で、庭にある井戸を「染の井」、傍らの桜の枝を「糸掛け桜」という。

【花の見所】
約500種類、3000株、数も多いが種類の多さでは群を抜く。二上山を背にしたぼたんの花の味わいは格別。
この時期は他にもさまざまな花が咲く。おだまき、ジャーマン・アイリス、リラ、アメリカ・シャクヤクなど華やか。
あやめ1月初旬〜2月末日。3000株。
ボタン4月中旬〜下旬。500種3000株。寒ボタン11月下旬〜1月下旬。
※葛城市ぼたん祭:4月15日〜5月15日
*開花時期は気候、天候により変わります。

所在地 〒639-0273 奈良県葛城市染野387[地図]
交通 二上神社口駅下車徒歩約15分
お問合せ TEL 0745-48-2031
※スポットの情報は変更される場合がございます。お出かけ前に確認されることをおすすめします。

スポット情報

前ページにもどる
石光寺
(せっこうじ)

ボタンの花で有名な石光寺。境内には約500種類、3000株ものボタンが植えられ、初夏には百花爛漫のにぎわいを見せる。また、11月から1月ごろ咲く、ワラ帽子に包まれた寒ボタンも見もので、冬咲きのボタンはここだけのものという。二上山を背景に牡丹の咲き乱れる様は格別。ボタンはもともと薬用として中国から伝えられ、古くから石光寺に植えられていたそうだ。

寺の起源をさかのぼると、天智天皇の時代にこの地に光を放つ三つの石があり、そ弥勒三尊の石仏が現れた。そこで天皇の勅願によって堂宇を建立し、「石光寺」の名を賜って役行者が開山したのが始まりとされている。現在では金堂の跡に弥勒堂が建てられ、弥勒仏の一部が祭られている。

また、寺は別名「染寺(そめでら)」とも呼ばれ、当麻曼荼羅で知られる中将姫ゆかりの「染の井」と「糸掛桜」がある。これは、中将姫が曼荼羅を織るために蓮の茎を集めて糸を採り、それを水に浸したところ五色に染まった、という伝説の場所で、庭にある井戸を「染の井」、傍らの桜の枝を「糸掛け桜」という。

【花の見所】
約500種類、3000株、数も多いが種類の多さでは群を抜く。二上山を背にしたぼたんの花の味わいは格別。
この時期は他にもさまざまな花が咲く。おだまき、ジャーマン・アイリス、リラ、アメリカ・シャクヤクなど華やか。
あやめ1月初旬〜2月末日。3000株。
ボタン4月中旬〜下旬。500種3000株。寒ボタン11月下旬〜1月下旬。
※葛城市ぼたん祭:4月15日〜5月15日
*開花時期は気候、天候により変わります。

所在地 〒639-0273 奈良県葛城市染野387[地図]
交通 二上神社口駅下車徒歩約15分
お問合せ TEL 0745-48-2031
※スポットの情報は変更される場合がございます。お出かけ前に確認されることをおすすめします。
↑このページの上に戻る
←観光・おでかけトップページへ