近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。 設定変更の方法は、下記をご覧ください。
■Internet Explorerの設定方法 (1) Internet Explorerのメニューバーで[ツール]をクリックします。 (2) 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。  ↓ (3) [セキュリティ]をクリックします。  ↓ (4) AまたはBの方法で、セキュリティレベルの変更を行います。  A:[インターネット](地球マーク)を選択後、[既定のレベル]ボタンを押します。   セキュリティレベルが「中高」に変更になります。 ※ボタンが押せない場合はすでに[既定のレベル]が選択されています。  B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示。   「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可]   の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。   [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。  ↓ (5) [インターネットオプション]の、[OK]ボタンを押します。 ■Safariの設定方法 (1) メニューの[Safari]をクリックし、[環境設定]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。  ↓ (3) [プラグインを有効にする]と[JavaScriptを有効にする]にチェックを入れます。  ↓ (4) 「セキュリティ」ウインドウを閉じます。 ■Chromeの設定方法 (1) メニューの[レンチマーク]をクリックし、[オプション]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。  ↓ (3) プライバシー項目の[コンテンツ設定]ボタンを押します。  ↓ (4) JavaScriptの[すべてのサイトでJavascriptの実行(推奨)]にチェックを入れます。  ↓ (5) 「オプション」ウインドウを閉じます。
ホーム > 観光・おでかけ > スポット情報 三千院

スポット情報

前ページにもどる
三千院 (さんぜんいん)
大原の里の中心ともいえる寺院で歴代の天台座主を輩出してきた名刹。サクラ、紅葉の名所。

延暦7年(788)に伝教大師最澄が叡山東塔にあった梨の大樹の下に建てたお堂を起源とする寺で、平安時代末から親王が門主となる門跡寺院となり、青蓮院、妙法院、曼殊院、毘沙門堂とともに天台宗五箇室門跡の一つとして、歴代の天台座主を輩出してきた名刹。貞観2年(860)に清和天皇の命で滋賀の坂本に移転し、ついで御所のそばに移ったことから梶井門跡、梨木門跡とも呼ばれる。現在の地に移転したのは応仁の乱の終結後。
大原は、慈覚大師円仁が唐からもたらした声明道場として魚山大原寺を開いて以来、人々が隠棲の地として集った天台仏教の中心地のひとつ。重厚な石垣に囲まれた境内には、豊臣秀吉が建立したという客殿や宸殿が並び、桜、あじさい、紅葉、雪景色といつ訪れても美しい景色を見せてくれる。
宸殿前にある往生極楽院は三千院の礎ともいえる御堂。大和座りをした珍しい姿の阿弥陀三尊が祀られている。また、有清園・聚碧園と名づけられたふたつの庭園があり、一面の苔が美しい有清園には福寿延命のご利益があるという「金色水」が湧く。
サクラ4月上旬〜中旬、紅葉11月中旬〜12月初旬。

所在地 〒601-1242 京都府京都市左京区大原来迎院町540[地図]
交通 京都駅→京都バス大原下車徒歩約10分
京都駅→京都地下鉄国際会館駅→京都バス大原下車徒歩約10分
竹田駅→京都地下鉄国際会館駅→京都バス大原下車徒歩約10分
お問合せ 電話番号:075-744-2531
※スポットの情報は変更される場合がございます。お出かけ前に確認されることをおすすめします。

スポット情報

前ページにもどる
三千院
(さんぜんいん)

延暦7年(788)に伝教大師最澄が叡山東塔にあった梨の大樹の下に建てたお堂を起源とする寺で、平安時代末から親王が門主となる門跡寺院となり、青蓮院、妙法院、曼殊院、毘沙門堂とともに天台宗五箇室門跡の一つとして、歴代の天台座主を輩出してきた名刹。貞観2年(860)に清和天皇の命で滋賀の坂本に移転し、ついで御所のそばに移ったことから梶井門跡、梨木門跡とも呼ばれる。現在の地に移転したのは応仁の乱の終結後。
大原は、慈覚大師円仁が唐からもたらした声明道場として魚山大原寺を開いて以来、人々が隠棲の地として集った天台仏教の中心地のひとつ。重厚な石垣に囲まれた境内には、豊臣秀吉が建立したという客殿や宸殿が並び、桜、あじさい、紅葉、雪景色といつ訪れても美しい景色を見せてくれる。
宸殿前にある往生極楽院は三千院の礎ともいえる御堂。大和座りをした珍しい姿の阿弥陀三尊が祀られている。また、有清園・聚碧園と名づけられたふたつの庭園があり、一面の苔が美しい有清園には福寿延命のご利益があるという「金色水」が湧く。
サクラ4月上旬〜中旬、紅葉11月中旬〜12月初旬。

所在地 〒601-1242 京都府京都市左京区大原来迎院町540[地図]
交通 京都駅→京都バス大原下車徒歩約10分
京都駅→京都地下鉄国際会館駅→京都バス大原下車徒歩約10分
竹田駅→京都地下鉄国際会館駅→京都バス大原下車徒歩約10分
お問合せ 電話番号:075-744-2531
※スポットの情報は変更される場合がございます。お出かけ前に確認されることをおすすめします。
↑このページの上に戻る
←観光・おでかけトップページへ