近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。 設定変更の方法は、下記をご覧ください。
■Internet Explorerの設定方法 (1) Internet Explorerのメニューバーで[ツール]をクリックします。 (2) 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。  ↓ (3) [セキュリティ]をクリックします。  ↓ (4) AまたはBの方法で、セキュリティレベルの変更を行います。  A:[インターネット](地球マーク)を選択後、[既定のレベル]ボタンを押します。   セキュリティレベルが「中高」に変更になります。 ※ボタンが押せない場合はすでに[既定のレベル]が選択されています。  B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示。   「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可]   の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。   [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。  ↓ (5) [インターネットオプション]の、[OK]ボタンを押します。 ■Safariの設定方法 (1) メニューの[Safari]をクリックし、[環境設定]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。  ↓ (3) [プラグインを有効にする]と[JavaScriptを有効にする]にチェックを入れます。  ↓ (4) 「セキュリティ」ウインドウを閉じます。 ■Chromeの設定方法 (1) メニューの[レンチマーク]をクリックし、[オプション]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。  ↓ (3) プライバシー項目の[コンテンツ設定]ボタンを押します。  ↓ (4) JavaScriptの[すべてのサイトでJavascriptの実行(推奨)]にチェックを入れます。  ↓ (5) 「オプション」ウインドウを閉じます。
ホーム > 観光・おでかけ > てくてくまっぷ > 近鉄てくてくまっぷ(三重-8) 朝熊岳道(あさまたけみち)・宇治岳道(うじたけみち)コース

てくてくまっぷ

近鉄てくてくまっぷ(三重-8) 朝熊岳道(あさまたけみち)・宇治岳道(うじたけみち)コース 約16km

金剛證寺への参拝者が行き来する朝熊岳道を、一定間隔で立つ22の町石を道案内に進む。 眼下に朝熊町、津、伊勢湾などの展望を楽しみながら山頂を経て宇治岳道よりおかげ横丁へ。

てくてくまっぷ PDFダウンロード

コース

朝熊駅~朝熊山頂~宇治岳道~おかげ横丁~五十鈴川駅

風水害、天変地異等によりコース変更が生じることがありますので、てくてくまっぷをご覧になり、事前にお問合せされることをお勧めします。

みどころ

朝熊駅から集落を通り抜け「であいの広場」から急坂を登るのが朝熊岳道(あさまたけみち)。 拳大のゴロタ石もあり、所々に岩盤も露出して少し歩き難い。 1町約109mごとの町石と、ケーブルカー跡などからの伊勢湾の眺めを励みに22町まで登り、宇治岳道(うじたけみち)と合流して左へ。 朝熊ヶ岳山頂は八大龍王社の境内。 金剛證寺(こんごうしょうじ)と奥の院を結ぶ参道に降り、極楽門前を右折して朝熊山頂へ。 参道に戻り境内を抜けて宇治岳道へ。 なだらかな下り坂を6キロ余で、おかげ横丁。 おはらい町通りを経て約1キロで五十鈴川駅だ。 急な登り、なだらかな山頂付近の舗装路、ゴロタ石の多い緩やかな下り、街路と変化に富んだコース。

「てくてくまっぷ」をご覧になるには、Adobe Readerが必要です。

‹‹ Adobe Readerのダウンロードはこちら