近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。 設定変更の方法は、下記をご覧ください。
■Internet Explorerの設定方法 (1) Internet Explorerのメニューバーで[ツール]をクリックします。 (2) 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。  ↓ (3) [セキュリティ]をクリックします。  ↓ (4) AまたはBの方法で、セキュリティレベルの変更を行います。  A:[インターネット](地球マーク)を選択後、[既定のレベル]ボタンを押します。   セキュリティレベルが「中高」に変更になります。 ※ボタンが押せない場合はすでに[既定のレベル]が選択されています。  B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示。   「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可]   の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。   [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。  ↓ (5) [インターネットオプション]の、[OK]ボタンを押します。 ■Safariの設定方法 (1) メニューの[Safari]をクリックし、[環境設定]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。  ↓ (3) [プラグインを有効にする]と[JavaScriptを有効にする]にチェックを入れます。  ↓ (4) 「セキュリティ」ウインドウを閉じます。 ■Chromeの設定方法 (1) メニューの[レンチマーク]をクリックし、[オプション]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。  ↓ (3) プライバシー項目の[コンテンツ設定]ボタンを押します。  ↓ (4) JavaScriptの[すべてのサイトでJavascriptの実行(推奨)]にチェックを入れます。  ↓ (5) 「オプション」ウインドウを閉じます。
ホーム > 観光・おでかけ > てくてくまっぷ > 近鉄てくてくまっぷ(三重-16)潮風満喫 鈴鹿コース

てくてくまっぷ

近鉄てくてくまっぷ(三重-16)潮風満喫 鈴鹿コース 約9km

伊勢湾からの潮風を感じながら歩く、約9キロのコース。 伊勢若松駅を起点に、海岸線を歩いて鈴鹿川派川へと遡っていく。

てくてくまっぷ PDFダウンロード

コース

伊勢若松駅~箕田公園~鈴鹿漁港~楠郷総社神明社~北楠駅

風水害、天変地異等によりコース変更が生じることがありますので、てくてくまっぷをご覧になり、事前にお問合せされることをお勧めします。

みどころ

伊勢湾からの潮風を感じながら歩く、約9キロのコース。 伊勢若松駅を起点に、まずは海岸を目指す。 塩浜街道を横切って住宅街に入ると、地元の豪農が建立した西運寺がある。 もとは目前庵と称し、寛文元(1661)年に現在の寺名に改名した。 杉玉がさがる醸造所を過ぎると、いよいよ海岸線が見えてくる。 静かに波打ち寄せる海岸を眺めながらの散策は、まさに潮風満喫のコース名にピッタリ。 この辺りは、伊勢の海県立自然公園に指定されていて、天気が良ければ知多半島とセントレアから離発着する旅客機が遠望できることも。 若松魚港、二本木樋門を経て整備されたモダンな箕田公園が左手に見えてくる。 噴水やトイレなどもあり、休憩に最適。 潮騒の音を聴きながら、どんどん歩を進めると2つ目の漁港、鈴鹿漁港にさしかかる。 入江の船着き場には小型の船がズラーッと。 漁港を後に、さらに海岸沿いを歩く。 途中、蛤の養貝場がある。 これは浅頼のプールに砂をまいて海水を引いたもので、いわば人工的な潮干狩りの海岸といったところ。 ここを過ぎて、伊勢湾から鈴鹿川派川へと遡っていく。 鈴鹿川は万葉集にも詠まれた大川。 河口付近には、何万羽と群れるユリカモメの大群が圧巻。 ゴール近くに楠郷総社神明社が鎮まる。 境内の横を流れる用水路には立派な鯉が放流されていて、のどかな雰囲気が漂う。 コース全体を通してポイントになるのは、やはり海。 静かな海岸沿いをのんびりと歩くのに、うってつけのコースとなっている。

「てくてくまっぷ」をご覧になるには、Adobe Readerが必要です。

‹‹ Adobe Readerのダウンロードはこちら