近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。 設定変更の方法は、下記をご覧ください。
■Internet Explorerの設定方法 (1) Internet Explorerのメニューバーで[ツール]をクリックします。 (2) 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。  ↓ (3) [セキュリティ]をクリックします。  ↓ (4) AまたはBの方法で、セキュリティレベルの変更を行います。  A:[インターネット](地球マーク)を選択後、[既定のレベル]ボタンを押します。   セキュリティレベルが「中高」に変更になります。 ※ボタンが押せない場合はすでに[既定のレベル]が選択されています。  B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示。   「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可]   の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。   [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。  ↓ (5) [インターネットオプション]の、[OK]ボタンを押します。 ■Safariの設定方法 (1) メニューの[Safari]をクリックし、[環境設定]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。  ↓ (3) [プラグインを有効にする]と[JavaScriptを有効にする]にチェックを入れます。  ↓ (4) 「セキュリティ」ウインドウを閉じます。 ■Chromeの設定方法 (1) メニューの[レンチマーク]をクリックし、[オプション]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。  ↓ (3) プライバシー項目の[コンテンツ設定]ボタンを押します。  ↓ (4) JavaScriptの[すべてのサイトでJavascriptの実行(推奨)]にチェックを入れます。  ↓ (5) 「オプション」ウインドウを閉じます。
ホーム > 観光・おでかけ > てくてくまっぷ > 近鉄てくてくまっぷ(奈良-8) 北・山の辺の道コース(2)

てくてくまっぷ

近鉄てくてくまっぷ(奈良-8) 北・山の辺の道コース(2) 約12km

弘法大師ゆかりの弘仁寺へ、そして万葉集に「布留(ふる)の神杉」と詠われた石上神宮を巡る。

てくてくまっぷ PDFダウンロード

コース

山村町バス停~弘仁寺~石上神宮~天理駅

風水害、天変地異等によりコース変更が生じることがありますので、てくてくまっぷをご覧になり、事前にお問合せされることをお勧めします。

みどころ

近鉄奈良駅から山村町までバスで移動。 弘仁寺は弘法大師創建と伝わる寺で十三まいりでおなじみの虚空蔵菩薩を祀る。 近隣の人々からは「高樋の虚空蔵さん」と親しまれていて、簡潔な山寺のたたずまいは休憩にぴったり。 本堂の外陣に掲げられた寅富士・仁王・牛などの絵馬が面白い。 大和高原の山並みの裾を縫うように進んでいくと、満々と水をたたえた白川ダムのほとりに出る。 水に映った山々もまた美しい。 このあたりは東海自然遊歩道に沿った道。 道標を探しながら歩こう。 道中の最後を飾るのは、神武伝説ゆかりの神剣を祭神とする石上神宮。 境内は万葉集に「布留(ふる)の神杉」と詠われた杉が繁り、風格のある楼門や拝殿、摂社などが静まる様子はいかにも神域、といった荘厳な雰囲気。 境内の池には天然記念物の「馬魚(わたか)」の姿も。 ここからは天理教本部の前を通るアーケードを抜けて天理駅へ。

「てくてくまっぷ」をご覧になるには、Adobe Readerが必要です。

‹‹ Adobe Readerのダウンロードはこちら