近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。 設定変更の方法は、下記をご覧ください。
■Internet Explorerの設定方法 (1) Internet Explorerのメニューバーで[ツール]をクリックします。 (2) 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。  ↓ (3) [セキュリティ]をクリックします。  ↓ (4) AまたはBの方法で、セキュリティレベルの変更を行います。  A:[インターネット](地球マーク)を選択後、[既定のレベル]ボタンを押します。   セキュリティレベルが「中高」に変更になります。 ※ボタンが押せない場合はすでに[既定のレベル]が選択されています。  B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示。   「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可]   の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。   [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。  ↓ (5) [インターネットオプション]の、[OK]ボタンを押します。 ■Safariの設定方法 (1) メニューの[Safari]をクリックし、[環境設定]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。  ↓ (3) [プラグインを有効にする]と[JavaScriptを有効にする]にチェックを入れます。  ↓ (4) 「セキュリティ」ウインドウを閉じます。 ■Chromeの設定方法 (1) メニューの[レンチマーク]をクリックし、[オプション]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。  ↓ (3) プライバシー項目の[コンテンツ設定]ボタンを押します。  ↓ (4) JavaScriptの[すべてのサイトでJavascriptの実行(推奨)]にチェックを入れます。  ↓ (5) 「オプション」ウインドウを閉じます。
ホーム > 観光・おでかけ > てくてくまっぷ > 近鉄てくてくまっぷ(奈良-22) 飛鳥コース(2)(甘樫丘~飛鳥寺~板蓋宮跡)

てくてくまっぷ

近鉄てくてくまっぷ(奈良-22) 飛鳥コース(2)(甘樫丘~飛鳥寺~板蓋宮跡) 約9km

橿原神宮前駅から東へ甘樫丘、飛鳥寺、板蓋宮跡、川原寺跡など歴史とロマンあふれる飛鳥の見所が満喫できるコース。

てくてくまっぷ PDFダウンロード

コース

橿原神宮前駅~甘樫丘~飛鳥寺~伝飛鳥板蓋宮跡~川原寺跡~岡寺駅

風水害、天変地異等によりコース変更が生じることがありますので、てくてくまっぷをご覧になり、事前にお問合せされることをお勧めします。

みどころ

のどかな道を歩いていくと最初にたどり着くのが、甘樫丘。 万葉の里の展望台として親しまれ、眼下には飛鳥の里が一望できる。 また大和三山や青垣の山々も遠望できる。 自ずと絵ごころ、詩ごころがわいてくるのは不思議。 ここから眺める朝景、夕景は素晴らしい。 丘を下ると、日本を含めた東アジア仏教文化が一堂に会した故地といえる、飛鳥寺が登場する。 現在は安居院に釈迦如来像が座す。 もとは210メートル×320メートルの大寺院。 近くに入鹿の首塚や、謎の石造物「酒船石」がある。 飛鳥寺の道をさらに進むと、飛鳥坐(あすかにいます)神社にたどり着く。 集落の東、小高い丘陵にある。 二月のおんだ祭りや陰陽石が有名だが、いずれも五穀豊穣の祈りがこめられたものだと考えられている。 境内にある飛鳥山口神社とともに式内社。

「てくてくまっぷ」をご覧になるには、Adobe Readerが必要です。

‹‹ Adobe Readerのダウンロードはこちら