近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。 設定変更の方法は、下記をご覧ください。
■Internet Explorerの設定方法 (1) Internet Explorerのメニューバーで[ツール]をクリックします。 (2) 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。  ↓ (3) [セキュリティ]をクリックします。  ↓ (4) AまたはBの方法で、セキュリティレベルの変更を行います。  A:[インターネット](地球マーク)を選択後、[既定のレベル]ボタンを押します。   セキュリティレベルが「中高」に変更になります。 ※ボタンが押せない場合はすでに[既定のレベル]が選択されています。  B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示。   「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可]   の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。   [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。  ↓ (5) [インターネットオプション]の、[OK]ボタンを押します。 ■Safariの設定方法 (1) メニューの[Safari]をクリックし、[環境設定]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。  ↓ (3) [プラグインを有効にする]と[JavaScriptを有効にする]にチェックを入れます。  ↓ (4) 「セキュリティ」ウインドウを閉じます。 ■Chromeの設定方法 (1) メニューの[レンチマーク]をクリックし、[オプション]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。  ↓ (3) プライバシー項目の[コンテンツ設定]ボタンを押します。  ↓ (4) JavaScriptの[すべてのサイトでJavascriptの実行(推奨)]にチェックを入れます。  ↓ (5) 「オプション」ウインドウを閉じます。
ホーム > 観光・おでかけ > てくてくまっぷ > 近鉄てくてくまっぷ(奈良-24) 葛城の道コース

てくてくまっぷ

近鉄てくてくまっぷ(奈良-24) 葛城の道コース 約10km

金剛山、葛城山の山裾を南北に延びる葛城古道の沿道には古寺、神社、史跡、伝説や神話が多く残っている。

てくてくまっぷ PDFダウンロード

コース

風の森バス停~高鴨神社~名柄~九品寺~近鉄御所駅

風水害、天変地異等によりコース変更が生じることがありますので、てくてくまっぷをご覧になり、事前にお問合せされることをお勧めします。

みどころ

この地方の豪族鴨氏の氏神の社、高鴨神社。京都の賀茂上下社もここが本家。 境内にはうっそうと茂る老杉に囲まれ、時を忘れてしまいそうな静けさ。 重文の本殿は桧皮ぶきの室町時代の建物。 春にはサクラソウが見もの。 高天彦神社へ向かう途中にあるのが、高天原。 金剛山中腹に位置し、橋本院付近水田地帯一帯の高原台地。 人里とも街道とも隔離された状況が高天原伝承地にふさわしい風情をかもしている。 豪族葛城氏の祖神を祀り、背後の美しい円錐形の山がご神体の高天彦神社。 参道をおおう天をつく老杉は神話の時代をほうふつとさせる。 高天原を引き返し、さらに歩いていくと、一言主神社が見えてくる。 葛城の大神、一言主神は願い事をひとことだけ聞いてくれるという神。 里の人は「いちごんさん」と呼ぶ。 雄略天皇と争った伝説があり、境内にある蜘蛛塚も大和王権に抵抗した土蜘蛛一族が封じ込められたという史跡で、高さ20メートルの大イチョウの、乳房が垂れたような気根が圧巻。

「てくてくまっぷ」をご覧になるには、Adobe Readerが必要です。

‹‹ Adobe Readerのダウンロードはこちら