花だより

ぼたん(きんぽうげ科)
[花マップ]

花だよりバックナンバー/2017年
 

花言葉「恥じらい・富貴(ぼたんの別名のひとつに富貴草)」

image
原産地の中国では元来、薬用としてボタンを珍重した。後に白楽天など詩人たちがボタンの花の豊麗さを賛美するようになって鑑賞用として人気が高まり「百花の王」と呼ばれることになる。牡丹(ぼたん)の字の起こりは、中国では丹色(赤)が上乗とされたため。牡は雄々しい意味という。

近鉄電車で行く日帰りツアー

Copyright©Kintetsu Railway Co.,Ltd. All rights Reserved.