近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。 設定変更の方法は、下記をご覧ください。
■Internet Explorerの設定方法 (1) Internet Explorerのメニューバーで[ツール]をクリックします。 (2) 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。  ↓ (3) [セキュリティ]をクリックします。  ↓ (4) AまたはBの方法で、セキュリティレベルの変更を行います。  A:[インターネット](地球マーク)を選択後、[既定のレベル]ボタンを押します。   セキュリティレベルが「中高」に変更になります。 ※ボタンが押せない場合はすでに[既定のレベル]が選択されています。  B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示。   「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可]   の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。   [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。  ↓ (5) [インターネットオプション]の、[OK]ボタンを押します。 ■Safariの設定方法 (1) メニューの[Safari]をクリックし、[環境設定]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。  ↓ (3) [プラグインを有効にする]と[JavaScriptを有効にする]にチェックを入れます。  ↓ (4) 「セキュリティ」ウインドウを閉じます。   ■Chromeの設定方法 (1) メニューの[レンチマーク]をクリックし、[オプション]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。  ↓ (3) プライバシー項目の[コンテンツ設定]ボタンを押します。  ↓ (4) JavaScriptの[すべてのサイトでJavascriptの実行(推奨)]にチェックを入れます。  ↓ (5) 「オプション」ウインドウを閉じます。  
ホーム > 近鉄電車ご利用案内 > きっぷの情報 > きっぷのご案内/近鉄のICカードサービス > 乗車券のご案内(乗車券・乗車カード・回数券・定期券)
  • きっぷの情報

  • 印刷
2014年4月1日現在
普通券
各駅でその駅発の普通券(片道・往復)を発売いたします。
特急券と同時にお買い求めの方には、他の駅からの普通券の発売もいたします。
有効期間は有効開始の当日限りです。

往復券の復路(かえり)の券片は有効開始の当日と翌日の2日間有効です。
 
団体割引(団体券)

15人以上の方々が同一の行程でご乗車いただく場合、あらかじめお申し込みいただければお得な団体券を発売いたします。

1人~数人が無料になるほか、他の方の普通運賃を割引いたします。
くわしくはつぎの表のとおりです。

団体の種類 人 数
15人以上 100人以上 300人以上
普通団体 1割引 2割引 3割引
学生団体
(中学校)
2割引
(3割引)
3割引
(4割引)
4割引
(5割引)
無料の人数(無賃扱い人員)

15人~99人の団体…1人、100人~149人の団体…2人
150人以上は50人までが増えるごとに無料の方が1人増えます。
※計算例… 人員を2倍して100位未満を切り捨てた数が無賃人員です。
370人×2=740…7人(40を切り捨てる)

団体のお申し込みは、近鉄の駅のほか旅行会社でもうけたまわります。

学生割引

近鉄の指定している中学・高校・大学・専修・各種学校の学生または生徒の方が片道101km以上ご乗車になるときは、普通運賃が2割引となります(小学生の割引はありません)。
    1km未満の端数は1kmに切り上げます。


学校の発行する「学生・生徒旅客運賃割引証」(JR線用と同じもの)に学生証を添えて、窓口でお求めください。


学生証は旅行中も必ず携帯してください。
ICカード
PiTaPa
「PiTaPa」は、株式会社スルッとKANSAIが発行する記名式のICカードです。PiTaPa交通ご利用エリアをご利用の場合、各運賃はポストペイ(後払い)となり、ご指定の金融機関口座から引き落としいたします。詳しくはスルッとKANSAIウェブサイトまたは、駅備え付けの入会申込書をご覧下さい。
KIPS PiTaPaは、駅備え付けの入会申込書にご記入のうえ、郵送にてお申し込みください。入会申込書郵送後、審査を経たうえで、約3~4週間後にカードが自宅に送付されます。
当社でのPiTaPa交通ご利用可能エリアは、内部線、八王子線、生駒鋼索線および西信貴鋼索線を除く全線です。ただし、志摩線については中之郷、志摩赤崎、志摩磯部、鵜方、賢島の各駅以外ではご利用いただけません。
PiTaPaは、1ヶ月(1日~末日)のPiTaPaによるポストペイの近鉄線のご利用運賃の合計額に応じて、自動的に割引が適用となります(利用額割引)。また、当社が定める特別の運送条件を付して異なる割引を適用する場合があります。
なお、「KIPS PiTaPa」カードに限り、近鉄線のポストペイでのご乗車に対してポイント(KIPSポイント)が付与されます。
PiTaPaは、PiTaPa交通ご利用エリア以外でご利用いただく場合、PiTaPaへ事前にチャージ(入金)が必要となり、ご利用時には乗車区間の普通運賃をカード内の残額から減額します。
PiTaPaの不良・破損時は、各駅長所在駅で暫定カードを再発行します。PiTaPa交通ご利用エリア主要駅でも再発行できます。(不良・破損の原因がお客様にある場合は、再発行手数料が必要となります。)
ICOCA
「ICOCA」は、西日本旅客鉄道株式会社が発行するICカードで、当社の定期券発売窓口等でも発売しています。事前にチャージ(入金)していただき、ご利用時には乗車区間の普通運賃をカード内の残額から減額します。

・「KIPS ICOCA」は当社の定期券発売窓口で発売しています。

・「KIPS ICOCA」は12才以上(小学生を除く)の方でかつ、ご利用になるご本人様のみお申し込みいただけます。

・「KIPS ICOCA」での近鉄線ご乗車分や、「KIPS ICOCA定期券」を現金決済で購入された場合の近鉄線分の定期運賃に対して、「KIPSポイント」が付与されます。

「こどもICOCA」は12歳以下(中学生を除く)の方がご利用でき、ご利用時には小児運賃が適用されます。
「こどもICOCA」「KIPS ICOCA」は記名式で、発売時には公的証明書により記名人の本人確認を行います。
「ICOCA」「こどもICOCA」「KIPS ICOCA」の発売金額は2,000円で、うちデポジットが500円、SF(チャージ額)が1,500円です。

・「ICOCA定期券」「こどもICOCA定期券」として新たに発売する場合の発売金額は、定期運賃とデポジット500円の合計額です。

「ICOCA」「こどもICOCA」「KIPS ICOCA」に以下の定期券を搭載し、記名式の「ICOCA定期券」「こどもICOCA定期券」「KIPS ICOCA定期券」としてご利用いただくことができます。

・当社線内の定期券

・当社と西日本旅客鉄道株式会社、東海旅客鉄道株式会社、阪神電気鉄道株式会社、京阪電気鉄道株式会社、南海電気鉄道株式会社との連絡定期券

※区間・経路によっては搭載できない場合があります。

「こどもICOCA」「ICOCA定期券」「こどもICOCA定期券」を紛失された場合、再発行を行うことができます。近鉄駅の定期券発売窓口にて紛失再発行登録を行った後、翌日以降14日以内に近鉄駅の定期券発売窓口にて再発行を行います。再発行の際、再発行手数料510円と新しいカードのデポジット500円を収受します。
再発行登録時及び再発行時に公的証明書により記名人の本人確認を行います。

※他社発行の「ICOCA定期券」「こどもICOCA定期券」が搭載されている場合、紛失再発行登録は当社で可能ですが、再発行は発行会社での取扱いになります。

「KIPS ICOCA」「KIPS ICOCA定期券」を紛失された場合も、再発行を行うことができます。この場合、紛失再発行登録はKIPSカード紛失応対デスク(0570-020-383)へのお電話で承ります。再発行時に公的証明書により記名人の本人確認を行います。

カードの破損等により、ご使用いただけなくなった場合には、障害再発行を行うことができます。近鉄駅の定期券発売窓口にて障害再発行登録を行った後、翌日以降14日以内に近鉄駅の定期券発売窓口にて再発行を行います。

※他社発行の「ICOCA定期券」「こどもICOCA定期券」が搭載されている場合、障害再発行登録は当社で可能ですが、再発行は発行会社での取扱いになります。

カード払戻し時には、定期券払戻額(定期券搭載時)とSF残額の合計額から手数料220円を差し引いた額を払戻しいたします。また、その際デポジット500円を返金いたします。払戻し時には、公的証明書により記名人の本人確認を行います(無記名の「ICOCA」を除く)。
「こどもICOCA」「こどもICOCA定期券」の紛失時や払戻し時は、代理人(保護者等)でも手続き可能ですが、公的証明書により、代理人の本人確認を行い、代理人と記名人の関係を確認します。

ご利用可能エリア(PiTaPa、ICOCA)
PiTaPa交通ご利用エリア、ICOCAエリア
他の交通系ICカード全国相互利用サービス対象エリア(Kitacaエリア、PASMOエリア、Suicaエリア、manaca(マナカ)エリア、TOICAエリア、はやかけんエリア、nimocaエリア、SUGOCAエリア)
  ※ご利用可能エリアをまたがってのご利用はできません。
   
   
その他のICカード
以下のICカードが当社のICカードご利用可能エリア内でご利用になれます。

Kitaca、PASMO、Suica、manaca(マナカ)、TOICA、はやかけん、nimoca、SUGOCA

  ※上記ICカードであっても、一部ご利用できないカードがあります。
   
ICカードのご注意
ICカードのご利用は、IC対応改札機による改札を受けて入場し、同一のICカードによりIC対応改札機による改札を受けて出場する必要があります。
定期券や回数券等の他の乗車券と併用して使用することはできません。また、ICカードを使っての乗り越し精算をすることもできません。
入場券としてのご利用はできません。
券売機でICカードを使用してきっぷを購入することはできません。
記名式のICカードは記名人以外の方は使用できません。
ご利用可能エリアからICカードでIC対応改札機による改札を受けて入場し、ICカード非対応エリアへ乗車された場合は、降車される駅で、ご乗車区間の普通運賃を現金でお支払いいただくことになります。その際にお渡しする有効証明書と、出場情報のないICカードを、次回ご利用時にご利用可能エリアの駅において提示していただきますと、入場情報を消去させていただきます。
当社のICカードご利用可能エリア内であっても、ご利用経路によってはご使用いただけない場合があります。
ご利用可能エリア内であっても、改札を出ずに複数の社局をまたがってご利用の場合、ご利用経路、ご利用区間によってはご使用いただけない場合があります。
パスケースに他のICカード類、硬貨、貴金属などが入っているとカード内の情報を正確に読み取れず、改札機を通過できない場合があります。
→鶴橋駅のJR環状線乗りかえ用自動改札機をご利用のお客様へ
→柏原駅を乗り継いで、JR線から近鉄線へまたは近鉄線からJR線へIC乗車券でご利用のお客様へ
→近鉄名古屋駅のJR乗りかえ用自動改札機をご利用のお客様へ
→近鉄名古屋駅の名鉄乗りかえ用自動改札機をご利用のお客様へ
→桑名駅を乗り継いで、JR線から近鉄線へまたは近鉄線からJR線へIC乗車券でご利用のお客様へ

ICカードへのチャージ(入金)方法
現金によるチャージ
  ICOCA、Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca(マナカ)、SUGOCA、はやかけん、nimocaをご利用される場合や、PiTaPaで西日本旅客鉄道株式会社(ICOCAエリア)や他の交通系ICカード全国相互利用サービス対象エリアをご利用される際には、ご利用前に必ずチャージ(入金)が必要です。カード内の残額が少なくなれば、ご自身でチャージ(入金)してください。
  チャージ(入金)は当社のIC対応の券売機・精算機・チャージ機、その他PiTaPa交通ご利用エリアまたは西日本旅客鉄道株式会社(ICOCAエリア)や他の交通系ICカード全国相互利用サービス対象エリアのIC対応の券売機・精算機・チャージ機などで行うことができます。
チャージ(入金)は、1,000円単位で最大20,000円まで可能です。
PiTaPaカードへのチャージ方法
上記の方法以外に、以下の方法があります。
オートチャージ
  事前に「オートチャージ」をご登録いただくと、ポストペイ(後払い)でチャージできます。カード内の残額が1,000円以下の時、PiTaPa交通ご利用エリアの改札機などにタッチすると自動的に「2,000円」をチャージします。
(キッズカードは、カード内残額が500円以下になると自動的に1,000円をチャージします)
  大阪市交通局のバス、「PiTaPa定期サービス」の有効区間内および西日本旅客鉄道株式会社をはじめ、他の交通系ICカード全国相互利用サービス対象エリアではオートチャージされません。
  オートチャージの登録方法
  [方法1.]入会時に登録
「PiTaPaカード」お申込み時にご登録いただけます。
カードがお手元に届いた時点では「PiTaPaカード」の残額は0円です。PiTaPa交通ご利用エリアの改札機などにタッチした際にチャージされます。
入会申込時に「オートチャージ」を登録されなかった場合は、「オートチャージしない」に設定されます。
入会申込時のオートチャージの設定は、家族カードを含む、申込書に記載の方すべてに同じ設定が通用されます。
  [方法2.]PiTaPa交通ご利用エリアの主な駅・営業所等で登録
    「PiTaPaカード」をお持ちのうえ、近鉄電車の主な駅窓口までお越しください。
「オートチャージ」の解除も駅窓口で受け付けています。
カードごとの設定となります。
  お支払い方法
    当月のPiTaPaポストペイご利用代金としてオートチャージ金額分を、ご指定の金融機関口座から引き落とします。
ご注意
  チャージしたカード内の残額は、西日本旅客鉄道株式会社(ICOCAエリア)をはじめ、交通系ICカード全国相互利用サービス対象エリアでご利用いただけます。ご利用時にはご乗車区間の普通運賃がカード内の残額から減額されます。また、近鉄電車をはじめとするPiTaPa交通ご利用エリアの運賃やショッピングのお支払いにはご利用できません。
  PiTaPa交通ご利用エリア以外でのご利用時には運賃割引はありません。また、KIPSポイントは進呈されません。
 

カード内に残額がある状態でPiTaPaカードを解約される場合、払戻手数料としてカード1枚あたり500円(除く消費税等)を差し引いたカード内残額をご指定の金融機関口座へ返金いたします。なお、カード内の残額が500円(除く消費税等)に満たない場合は、その残額を払戻手数料といたします。


ICカードご利用状況の確認方法
ご利用履歴
  ICカード内に記録された乗降やチャージ(入金)などの履歴を下記によりご確認いただけます。(直近の最大20件)
[IC対応券売機・IC対応精算機・チャージ機]
  出力画面には直近の最大20件が表示され、履歴を印字することもできます。
PiTaPaご利用明細
  交通・ショッピング利用などPiTaPaカードでの月ごとのご利用状況を下記によりご確認いただけます。(当月+過去6ヶ月)
[IC対応券売機・IC対応精算機]
  出力画面には1ヶ月単位でのご利用明細が表示されます。明細を印字することもできます。
[PiTaPa倶楽部]
  PiTaPa会員専用のインターネットサービスです。詳しくは「PiTaPa倶楽部」ウェブサイトをご覧ください。

スルッとKANSAIカード
近鉄と主な私鉄(JRを除く)・地下鉄・バス社局で普通券としてご利用いただける、他社局と共通の乗車カードです。

当社線は大阪線青山町駅以西の主要路線でご利用いただけます。
  道明寺線・吉野線(市尾~吉野間)・田原本線・ケーブルではご利用になれません。
有効期限はありません。期限を気にせずにご利用いただけます。
カードの発売額は1,000円、3,000円、5,000円の3種類(おとな)です。

ご利用できる金額は、発売額と同じです。
  障害者割引用、こども用のカード(500円、1,000円、2,000円)も発売いたします。
乗車時と降車時にカードを改札機に投入してご使用ください。(一部の駅では券売機、精算機でのご利用となります。)

ご利用区間の普通運賃がカードから自動的に減額されます。

ご乗車のつどきっぷを買う手間が省け、たいへん便利です。

便利なカードのご案内

Jスルーカード
近鉄と西日本旅客鉄道株式会社の主要路線の自動券売機できっぷに引き換えてご利用いただけます。

当社線は大阪線青山町駅以西の主要路線で引き換えいただけます。
  けいはんな線・吉野線・田原本線・ケーブルでは引き換えいただけません。
Jスルーカードの発売は、平成20年9月15日をもって終了いたしました。

便利なカードのご案内
回数券(回数券カード)
回数券はカードで発売しています。回数券カードはつぎの3種類です。

パールカード11(普通回数券カード・11回分)

オフピークチケット(時差回数券カード・12回分)

サンキューチケット(土・休日割引回数券カード・14回分)
当社線専用のカードです。他社局の路線ではご利用いただけません。
有効期間は、カードの発売日から3か月間です。

カードで引き換えた回数券(きっぷ)は、引換え当日限り有効です。
乗車時と降車時にカードを改札機に投入してご使用ください。

ご利用回数がカードから自動的に引き落とされます。

改札機のない駅などで乗車または降車される場合は、ご乗車前に自動券売機または特急券窓口で回数券(きっぷ)に引き換えてご利用ください。

パールカード11(普通回数券カード)

10回分の運賃で11回ご利用いただけます。

ご利用の曜日、時間帯に制限はありません。

こども用も発売いたします。

オフピークチケット(時差回数券カード)

10回分の運賃で12回ご利用いただけます。

平日(月~金)の10時から16時までと、土曜日、日曜日、国民の祝日、振替休日、12/30~1/3と土休日ダイヤ実施日の終日にご利用いただけます。

こども用は発売しておりません。

サンキューチケット(土・休日割引回数券カード)

10回分の運賃で14回ご利用いただけます。
840円以内の区間に限り発売いたします。
土曜日、日曜日、国民の祝日、振替休日、12/30~1/3と土休日ダイヤ実施日の終日にご利用いただけます。
こども用は発売しておりません。

回数券(回数券カード)の使用条件のうち土・休日とは、土曜日、日曜日、国民の祝日[(1)日曜日と重なるときは、その日後において最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする。(2)その前日および翌日が「国民の祝日」である日(「国民の祝日」でない日に限る。)]、12月30日から1月3日および土休日用ダイヤ実施日をいいます。
生駒ケーブルについては、回数券の券種・取扱いが異なります。
一部の駅においては、紙の回数券での対応となります。

便利なカードのご案内

定期券
定期券には通勤定期と通学定期があります。
有効期間中は回数に制限なく何回でもご乗車いただけます。
有効期間は1か月、3か月、6か月の3種類です。
有効3か月の定期券は5%、6か月は10%、1か月の定期券よりも運賃がお得です。
お買い求めについて

定期券発売窓口および定期券・特急券自動発売機ではKIPSクレジットカード(近鉄グループのクレジットカード)で定期券をお買い求めいただけます。
  定期券をお買い求めのため、発売していない駅から発売している最寄の駅まで乗車される場合や、通学証明書の交付を受けていない新入生ご本人が、学校最寄駅まで乗車される場合(当日中に通学証明書の交付を受けて当日から有効の通学定期券をお買い求めいただく場合に限ります。)には、運賃のご負担のないよう取扱いますので駅係員にお問い合わせください。
※定期券発売箇所と発売時間については定期券 発売駅一覧をご覧ください。
通学定期について
  通学定期をお買い求めの際には、当社が指定した学校(指定学校)発行の「1 通学証明書」「2 通学定期乗車券購入兼用証明書」または、定期券発売窓口に設置の定期乗車券購入申込書の裏面「3 学校証明欄」へ指定学校が証明したもののいずれかが必要となります。
※入学証明書、合格通知書、学生証では、お買い求めいただけませんのでご注意ください。
通学定期をお買い求めの際に必要な書類
ただし、同一年度内に購入された「通学定期」をお持ちの場合でお求めになる「通学定期」の有効期間が年度をまたがらない場合は、これらは必要ありません。

・有効期間が年度をまたがる通学定期の発売については以下のとおりです。
【3月31日までに有効開始となる通学定期をお買い求めの場合】

【3月31日までに有効開始となる通学定期をお買い求めの場合】

※3月31日で卒業となる場合は、お買い求めいただけません。

・旧年度(3月31日まで有効)の「2 通学定期乗車券購入兼用証明書」で、新年度
(4月1日以降)有効開始となる通学定期券をお買い求めの場合

現状(3月31日まで)のままではお買い求めいただけませんが、指定学校において、証明書の有効期日を以下のとおり延長(1か月を限度)した場合は、お買い求めいただけます。

有効期限日

※通学定期は、自宅最寄駅と在籍される指定学校最寄駅との間を、通学のために乗車される場合に、ご利用いただけます。

※指定学校以外の学習塾などへ通われる場合や、入学前、卒業後のクラブ活動などを目的としてのご利用はできません。

※通学定期をご利用の際は、指定学校から発行された、学生証の携帯が必要となります。

インターネット予約サービス

ご自宅のパソコン・携帯電話で、インターネットを通じて大人の新規通勤定期券の予約ができます。

インターネット予約・発売サービス
iモード®、Yahoo!ケータイ、EZweb公式サイトのご案内

↑このページの上に戻る
←きっぷのご案内